忍者ブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

専門学校に通った1年目だけは、学生寮に入ってた。
上京していきなり独り暮らしするのは大変だろうからと母が提案し、特にそれに対して異論はなかった。

間取りや寮の規則くらいしか目を通してなかったような気がする。
築年数が古く、建物と部屋の写真すら無いというのはちょっと不安だった。
洋間を借りることにしたのだが、ホントに洋間なんだろうか?

私は母に上京したいと言い出したら、
「お前は変な女に絶対引っかかる」と100回くらいは言った。言い続けた。
そんな母だったからか、カッチョ悪いゆーてるやん!と言っても一緒に新幹線に乗って寮まで付いてきてしまった。

かなーりオンボロの寮だった。自分の使う部屋に通され、そこで見たものは、
ボロい… 備え付けの机にベッド。そして、センスのかけらもない緑の絨毯で確かに洋間といえばそうなんだが、
今まで自分の部屋はフローリングだったので、なんか泣きそうになった。
しかも、もしやと思い恐る恐る絨毯をめくってみると、その下は畳だったのだ。
詐欺である。
そんな程度で、泣きそうになってたらこの先どないすんねん!という感じなのだが。
なんせ18歳のどうしょうもないアンポンタンなガキなんでしかたなかった。

実家の壁は何度もローリングソバットをかましても壊れることはなかったのだが、
寮の壁はドロップキック一発で隣の部屋まで貫通してしまい、えらくカルチャーショックを受けた。いや、カルチャーショックを受けるとかそういう問題じゃないだろ。
寮長はあまりのバカ行為に呆れて無言だった。
今なお、私はラブホへ行くとまず最初にすることは、
ベッドの上でフライングニールキックの空撃ちだったりする。
技の難易度は成長しているが、私の精神は成長しとらんな。

幸いにも、寮に入った当日に早くも左隣の部屋(ドロップキックした方の部屋)のY君と直ぐ打ち解けた。ちょっとオタクっぽい人だったが、ハヤカワSF文庫を集めてるという共通点があった。

日に日に寮内の学生たちと打ち解けていった。
何故か2年生は一人もおらず、みんな1年生だった。その理由は寮生活というものを経験してゆくことで次第に明らかになった。
規則がうるさいし、なんつってもプライベートがないのである。
一人になれるのは深夜だけだった。
部屋にいる間は絶えず誰かしら遊びに来ている状態。
テレビ持ってないヤツやビデオデッキ持ってないヤツがいたのでしかたないというのもある。
だいたいは、初代ファミコン&ディスクシステムやPCエンジンなどといったゲーム機を持ってる者の部屋にワラワラと集まる傾向があった。
私はテレビとビデオデッキは持っていたが、ゲーム機までは持っていなかったので問題ないかと思われたが、
私の部屋は漫画だらけだったので、ほとんど漫画喫茶状態と化してしまうことがたびたびあった。あと勝手にビデオ上映会とか。誰かがビデオデッキ持ち込んでダビングということも。
で、泯比沙子とか人生(現・電気グルーヴ)なんか聴き出すと、ゲラゲラ笑われてしまうのである。「変な音楽だ」とかつって。
そりゃサザンとかTUBEとかBOφWYとか聴いてりゃ、耳に合わんでしょ。

で、ウザイと思うわけじゃん。鍵なんか閉めてしまうと、オナニーしてると思われちゃうのね。
開き直って、今からオナニーするで!と言うと、ドアをドンドン叩かれたりしてからかわれるんだよな。
オナニーは深夜まで我慢せねばならなかったのだ。
エッチ本を買って深夜まで待つのが本気で辛かったなぁ。

門限22時。煙草は不思議にも許されていたが、酒は厳禁。
朝夕のみ食事付き。
食堂と共同浴場、水飲み場があった。
水飲み場に共同で使う冷蔵庫と、有料の洗濯機と乾燥機があった。
あ、トイレも共同だったな。アイロンと掃除機は無料で貸し出していた。
チャリンコレンタルもあり。

寮に入って暫くして、ほとんどのヤツとは打ち解けたけど、そういえば右隣の部屋のヤツがまだで気にはなっていた。テラヤマケンジという名前で、クラスも同じで顔を合わせても会話を交わすことがなかった。
テラヤマはよく寮長ともめていた。
ある日、いいかげん何だろうと思って寮長に聞いてみたら、テラヤマはなんと、
極度の対人キョーフ症で、共同浴場に入る度胸がなくていつも泣いているという。
なんかアブなそうなヤツだと思った。

更にアブなそうヤツがもう一人いた。ヤツと初めて顔を合わせた時は、坊主頭だったので一瞬中学生かと思ったが、よくみるとフケ顔だったので、ああ同じ学生かと納得したが、なんか不気味ではあった。服装もなんかだらしない。のちにわりと明るい性格と分り「未知との遭遇」の宇宙人を思わせる顔付きから、スポックというあだなが付き皆に親しまれるようになった。寮長までが「スポックス君」と呼んでいた。
スポックスってなんじゃい?
スタートレックのファンの私はなんだか納得いかなかった。ぜんぜんレナード・ニモイに似てないじゃん。世間におけるスタートレックの認識なんてそんなものなのだろう。

スポックの趣味は鉄道模型とおニャン子クラブと日曜19時半から放映していた日本アニメーションの世界名作劇場シリーズだった。当時「愛少女ポリアンナ物語」が終わって、「愛の若草物語」が放映中で、テレビもビデオデッキも持ってないスポックは、毎週欠かさず私の部屋にフラリと亡霊のように現れては「若草物語」を録画していたという。
学校でも、彼は最初の自己紹介のおり、自分の趣味をすなおに述べたとたんクラス中で大爆笑の渦が巻き起こった。

私のクラスはこれまた最悪で、一緒なのはよりによって、テラヤマとスポックというアブないコンビだけなのであった。このコンビと毎朝登校せなあかんワケ?トホホとホントに泣きそうになった。
アブないコンビは、アブないコンビ同士直ぐ打ち解け、何かとホモのように一緒にいた。どっちが受けかというとまぁスポック受けだな。
テラヤマは対人キョーフ症でも、スポックのような手合いには特に緊張しないようだった。
こんなエピソードがある。
ある日、スポックの部屋へ行くと、彼の部屋の芳香剤を見て私は爆笑してしまった。
「ペット用」と落書きされてたのである。犯人はテラヤマだった。意外に鬼畜なんだなと思った。


スポックス君と寮の私の部屋の前の様子。
私のその頃の普段着と、私の楽器を持ってもらった。
丸いグラサンがホント80年代って感じ。帽子はふたつ重ねて被っている。
Gジャンは自分でブリーチしてみた。よく見るとリストバンドまでしている(笑
レスポールはまだ現役です。YAMAHAショルキーは壊れましたが。
なお、日付はわざとデタラメにしてます。92年なワケないよ(笑

学校さぼってはよく映画を観てたように思う。
その年、どんな映画が公開されていたのだろうか。記憶にあるものでは学校の授業を抜け出し一人でコッソリ観に行った「エンジェルハート」。バンドやろうよと計画してた連中と観に行った「ラストエンペラー」。一人で観に行こうとしたら寮の連中がくっついてきた、リドリー・スコットの「レジェンド」。「ロボッコップ」は一人で行ったような気がする。
「レジェンド」の後、口直しに名画座で「ブレードランナー」を観に行った記憶もあるな。
名画座で観て記憶にあるものは、「未来世紀ブラジル」、「ザ・フライ」と「エイリアン2」の同時上映。「ロッキーホラーショー」は「ファントムオブパラダイス」と同時上映だったのかちょっと記憶にないなぁ。

学校の帰りはよく新宿を徘徊していた。まんがの森、新宿紀伊国屋。まだヴァージンメガストアは無かったな。
でもその年に初めてCDというものを買った。4-Dの成田忍率いるアーバンダンス「TWO HALF」、映画「グミチョコレートパイン」の音楽プロデューサー山口優と元きどりっこの松前公高のユニットEXPO「万国大戦略」。
坂本龍一「NEO GEO」は友だちにダビングしてもらい、ZELDAの4thアルバムはレンタル屋で借りた。
新宿紀伊国屋内には洋書のフロアやインディーズのレコードが置いてるフロアまであったんでまめに通っていた。
筋少の上条淳士ジャケの「高木ブー伝説」買うか散々迷って買わなかった記憶もあったり。
新宿でインディーズのレコードならUKエジソンという店もあった。
画材は新宿紀伊国屋の裏手にある別館だったかな。もしくは世界堂?

寮は京王線沿線にあって、京王線新宿のホームにはちょっとしたファーストフードを売っているところがあって、そこの京王線バーガーはしみじみ美味かったなぁ。

テラヤマは電車に乗る時、必ず席に座ろうとはしなかった。向かい合った前の席の人と目と目が合うのが恐いからである。
そんな話をスポックから聞いていた。なんかますます近寄りたくないなと思った。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆