忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大槻ケンヂの原作は、舞台が全て懐かしい。美甘子と行ったオールナイトの映画館ナイスシアターはバウスシアターかな? 中野ブロードウェイ、エスカレーターに乗ると一気に3階まで行っちゃうとか。
自分は上京して間もない頃、Y子という女の子に付き合って高田馬場にジャン・コクトー特集のオールナイトに行った思い出がある。
そのY子は前髪パッツンの黒のロングで、服装もほとんど黒。パンツスタイル時がほとんど無く、常にスカート。アングラなトランスレコードのバンドのライブによく出没する、いわゆるトランスギャルだった。
その時の行動があきれるくらいケンゾーと一緒。初めての話の合う異性とお出かけだったもんで、映画観てるより延々と趣味について語りたくなって、途中で映画を観るのを止めた(笑
耽美嗜好のトランスギャルなのに、好きなタイプは大槻ケンヂと言ったのが意外で、
「な、な、なんで?」とどもりながら聞くオレ。
頭がイイからとかそんな返事だったと思う。
Y子は何故か筋少も好きで、ジョン・ライドンのソロだったかPILだったかと筋少の対バン(in 武道館だったかな?)にも行った。生でジョン・ライドンも観ていた女だ。
その後、Y子の影響で、筋少の「シスターストロベリー」と空手バカボンは結構聴いたなー。
でも、Y子はケラ、あ、いや、渋谷屋根裏でキャプテンマンテルノーリターンをブッキングしたケロは嫌いと言ってた(笑
でもケロ率いる有狂天、夜のヒットスタジオに出演したことあるんやで〜。
にしてもY子、胸でかかったよなー、というくだらないところも一緒だった。
ま、もっとも美甘子の胸が大きいのは大槻ケンヂのシュミだろう。
オレ的には胸の大きさにはこだわっていない。

ケンゾーたちが行った新宿JAMのギグ、
静岡からやって来た「一生」というのは、電気グルーヴのことっすね。当時、人生というバンド名で、王選手、分度器もメンバーだった。
高校の頃、K氏と一緒に人生のライブに行ったことがある。ほとんど「グミチョコ」原作の描写通り。
また「念仏」というのは「木魚」ですな。これまたライブの感じ「グミチョコ」原作の描写通り。
原作、時代がもーちょい後になれば、カーネーションもナゴムレコードに在籍してたのに〜!と、ちと残念。

映画の方は、86年ということで、もうインディーズがインディーズである意味を失いつつある時代だったなー。ケロがファンの女の子に「ブス!」と言ったり(ケロはブスが好きなんだと思うが)、トゲトゲしかった。女のファンが嫌だったんだろうね。男しか入れないライブまで敢行。筋少のエディも当時、女のファンをウザがってた。なんかビジュアル系と大違いだネ。
笑っていいとものテレフォンショッキングでケロは大槻ケンヂを呼んだ。なんか大槻ケンヂ凄く不本意そうにしていたような印象が残ってる。

ケロ、ホントあの頃と比べるとまるくなったよねー。カラダも。
「underground for you!!」と吐き捨てるように歌っていたnew waveの貴公子(笑)の鈴木慶一、またしてもカメラ屋のオヤジ役で爆笑。
原作で一番笑ったのは、すっかり壊れたケンゾーが安らぎを求め、池袋の文芸坐へ足を運んだら、よりによって古尾谷雅人特集だったというところ(爆
山之上の台詞もイチイチおかしい。

ケンゾーどうしょうもないダメ人間、徹底的にボンクラとして描かれてるけど、
それがたまらなく美点でもあるけど、
実は清い少年とも言えるし、なかなか硬派だと思う。
なにより、ケンゾーほど美しくピュアな恋というものをした試しが無いので大変羨ましい。オレは高校の頃、公立の普通科で共学だったのにかかわらず、すっごい好きな同級生というのがいなかった。

最後に大槻ケンヂに抑えて欲しいと思ったことをひとつ。
「アンダーグラウンド。何故アングラはアングラなのか?」
アングラなものに何故惹かれるのか?ということに関して、
「グミチョコ」では、サザンとか聴いてるくだらない奴らと一緒にされたくない的な差別化と(勿論、現在では倖出來美、浜あゆだけじゃなく、ヒットチャートの豚ども全て含む&オレのねたみ含む・笑)、つまらない学校では教えることのない知への冒険みたいな感じで描かれてるけれども、
なにかもひとつ説明が足りない気が…


メジャー側の人間というのは、生まれ育った環境からして、安全に、経済的にも恵まれた環境で育てられて、
暗いものやマイナスなものを避けながら生きてる人が多いと思う。
感覚を不安定にするものに対し近づかない、目を背けがちみたいな。

アングラな人たちはその辺が麻痺してるんだろうな。
と、その辺も斬って欲しかった。

映画のエンディングロール、有頂天のカバーの「心の旅」でも良かったような?
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆