忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TSUTAYAへ「コードギアス」の続き借りに行ってみたのだが、貸し出し中だったorz
折角、半額やってたんで何か借りとけっつー感じで、
フェリーニの「道」と、なんとなくヌーベルバーグ系が観たいなー気分だったんで(どんな気分やねん!)、ルイ・マルの「好奇心」を借りる。
両方共、既に何度か観た作品だが。
何も考えずテキトーにその二本をチョイスしたのだが、イタリア映画とフランス映画なんだけど、よく考えれば実は接点があるんだが分りますかな?
フェリーニとルイ・マルはとあるオムニバス映画に参加してたりする。
ポーの小説をそれぞれの監督(あとロジェ・ヴァデムも)が映画化を試みるという企画の「世にも怪奇な物語」という映画があった。
私的にはフェリーニの作品が一番面白いだろうと思いつつ観たら、意外にロジェ・ヴァデムとルイ・マルの作品の方が印象に残り、フェリーニの作品は印象に残らなかった。
その発言はのちにホラー映画ファン失格発言だと知った。
ホラーマニアは「世にも怪奇な物語」のフェリーニ作品を大絶賛する人が多いのである。なにか凹んでしまった… 感受性が鈍いんだな、オレは…
私は今更ながら、もっとホラーについて勉強しなければなるめぇ。

あとTSUTAYAには、「ダイヤリーオブザデッド」と「東京残酷警察」、それと石井聰亙の「サンダーロード」が出てたがいずれも新作でガックシ…
以前の記事で大ウソを書いてしまったんで訂正しておくと、「東京残酷警察」は監督が井口昇じゃなかった。なんか勘違いしてました。すんません。なんかちょっとガッカリ…

また園子温監督、栗山千明主演(大杉蓮もイイ味出してる)「エクステ」借りて癒されたかったが、もうDVD買ってもいいかと思って借りなかった。
でも、「エクステ」というか園子温の映画で癒されるオレって(笑

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆