忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レイトショーで「スカイ・クロラ」観に行った。
ネタバレになることは書かないようにします。うずうず。

 全く予備知識ゼロに近い状態でした。
原作読んでおこうと思ったんだけど、シリーズ化しててどれから手を付けていいのかわからん。あと、映画と同じタイトルのものを古本屋で見付けたんだけど、買おうと思いつつ、その古本屋の別のフロアをうろうろしてるうち買われてしまったり…

 菊池凛子と栗山千明が声当ててるとか、空を描くためアイルランドの空を参考にしたとかそれくらいしか知らなかった。
菊池凛子は某ナイスなアホ映画でのヨゴレ役しかイメージがなかったんで、「スカイ・クロラ」観たら笑ってしまうんじゃ?と思ったが、
全くそんなことはなかった。
いざ観てみたら、ヒロイン草薙水素の声がいきなり菊池凛子だった。なかなかハマっている。てか、声はみんな違和感なかった。
戦闘機の空中戦に関しても、ソレがひとつの見せ場になるという程度の予備知識しかなかった。その戦闘機がレシプロ機だとも観るまで知らなかった。
映画史上、ここまで凄い迫力のある戦闘機の空中戦を描いた映画は他にないんじゃないかな。しかもレシプロ機。
闇崎駿が嫉妬してイジワルなこと云ってそうな気がする(笑

 てか、草薙水素って原作も草薙水素って名前なの??? あとコードネームも?
バセットハウンドは流石に原作に出てないと思うが、三月兎基地とか押井モチーフがあちこちにあって、監督の名前伏せてたとしても押井守って分るくらい、押井色。
煙草の演出も押井守?
自分の弟は煙草を完全にやめた。そして結婚して子供もいるのに対し、兄である俺の方はというと、結婚もせずプカプカと煙草をくゆらせる毎日。
俺の方が子供なのかな?と思った。
そういえば、「スカイ・クロラ」のポスター、何種類かあると思うけど、
草薙と主人公が向かい合ってるのは、草薙の方が目線が上だったり。
はい、俺もマザコンなんで草薙に萌えでした(笑 栗山千明が好きだと云ってる俺はロリコンなのか?
 
 押井守にしては、分り易い内容だったと思うんで、喰わず嫌いしてた人も是非観て欲しい。てか切実にヒットして欲しい。
映画館に入ったら館内がガラ空きだったんで心配になってしまった。
設定や世界観もしっかり作り込まれてるし、映像も美しく音響も良かった、ドラマもピュアなラブストーリーで良かった。
ん? 脚本は女性?
観終わったあと、どっかでこういう話読んだなぁと、ふと思った。
もしかして、某少女マンガが元ネタか?(ネタバレになるんで書きません

「スカイクロラ」の永遠を生きる子供たちは、我々が抱く閉塞感そのものを象徴してるんじゃないかと。
とまれ、北京オリムピックやってる時に公開とはナイスなタイミング。

DVDが出たら欲しいっす。
もう「押井だけに、惜しい守」と子供みたいなこと云わないように! 松尾スズキさん(笑



 あと、M・ナイト・シャマランの「ハプニング」も誘われて観に行った。
ハリウッド映画でしょ? よく、企画通ったなぁと思った。
それくらい、観たほとんどの人は、館内を出たあと頭の上にクエスチョンマークをくっつけて出ることになるような内容(笑
地味にメタ路線なんで「メタ路線」と聞いて、意味が分らなかったら観ない方がいいでしょう。
あと、シャマランの映画全部観ておく必要があるように思う。でも、そんな付き合うほどの映画でも(笑


 諸星大二郎の集英社から出た新刊、まだ買ってないんだけど(今夜辺り買いに行くかと
いつのまにやら「壁男」が映画化され、DVDがTSUTAYAに置いてあったんで、観たけど、イマイチでした…
「妖怪ハンター」シリーズの中でも、決して映画化など考えてはいけないような作品を、恐れ多くも映画化しやがった「奇談」も無様な出来ばえだったけど。なんで稗田が阿部寛か未だ納得出来ず。てか永久に納得しやせん。
mixiの諸星大二郎コミュ、他の参加してる人と全く話しが噛み合んので抜けてやったし。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の「グミチョコパイン」もぼちぼち借りに行かねばな。




PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆