忍者ブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっとマイナーぎみな洋画ばかし借りたんで、
1本くらい超メジャーなものを観とこうと思ったんですが、
他のレンタル店で「日の名残り」と「リバティーン」借りたせいか、時間が無かったばい…

感想。
●レイスオブヘブン 天のろくろ
ちょっとミニシアター系っぽい感じと聞いてたんすが、
自分の感性では全くそんな感じせず。
別に淡々とした話では無く、むしろサスペンスで貫かれて、わりと派手なストーリー展開だったと思います。
ただ、どんでん返しとオチに納得出来ず。物語の決着の付け方が気に入らんという感じ。
色々思わせぶりだけど、深読みしてるほど暇じゃねーよ(笑
前半は好きな設定だったんで、面白く観てたんですがね。
音楽がアンジェロバダラメンティだったんで、ほう!とも思ったんだけど。
特に魅力的な登場人物もナシ。
原作、確かサンリオSF文庫だったよな。今の若い方は知らん?
サンリオSF文庫は面白そうなのはほぼコンプリートしてて、原作がその中に無いということは、原作もさほどというレベルかも。

●不思議惑星キンザザ
ちょっとロードムービーっぽいんで、途中でダレるかもだけど、
ヘンテコなSF映画を観たいという方にはオススメ。かな?
この歳になって観ても面白いと思いました。
ゲラゲラ笑いました。ユーモラスな感じで激しくコメディって感じじゃないけど。
主人公のおじさん、イイ味出てて好き。
ちゃんとステキなオチがあったのね(笑
見終わったら絶対、「権力者にへつらう挨拶」のポーズやってみたくなると思う(笑
ただ、ヘンテコ度で云えば、フランスのルネラルーのアニメの方が上ですが、
ヘンテコというより、共産圏SFにして微笑ましく笑えるという点がこの映画の持ち味か。共産圏の映画やSFについて語ると止まらなくなりそうなんで、ここまで。

ブライアンジョーンズは感想控えましゅ(笑
つーか、60年代のストーンズの映像は昔、海賊版ビデオで大量に観てるし、今更って感じ。
正しいストーンズファンに喧嘩吹っかける覚悟でつくって欲しかったっすね。
ストーンズは「サタニックマジェスティーズ」が最高傑作であって、
ブライアンジョーンズ亡き後は「レットイットブリード」くらいしか好ましいものがないカスに成り果ててるなぁと、初来日観に行った時に思った。
「ベガーズバンゲット」なんて捨てちまったぜハハンと、正しいストーンズファンに喧嘩売ってみる(笑
別にブルースバンドとも思ってないし。
ブライアンが殺されたの殺されてないだのって、もうどうでもええやん。
ブライアンが生き返って音楽やってロックの歴史を塗り替えてくれるわけじゃないんだから。

つーか、つい語ってるな… 

カテゴリに「マニアックなネタ」って追加した方がいいかもしれん。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆