忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/17 Uたろ]
[07/16 薫]
[07/16 Uたろ]
[07/16 薫]
[06/16 Uたろ]
最新TB
プロフィール
HN:
sug-u(村田藤吉)
性別:
男性
職業:
医療関係でほぼ雑用
趣味:
無い
自己紹介:
ハワイ生まれ。関東と大阪で育ち、87年〜10年ほど東京で過ごし、現在関西僻地在住。
過去の経歴は謎に包まれた怪人吸血忌男爵。
アシ歴、持ち込み歴、読み切り短編、商業誌に掲載された歴多数。
まぁ誰にも相手にされない、異端なカウンターカルチャー、前衛&アングラ・エログロナンセンス暗黒耽美部門。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
いざ進めよ、いばらの道を。 漫画家「復帰」?「脂肪」?オッサンのボンクラシャンソン日記。 自分ではオルタナないし、アングラ系部門だと言ってますが、あまりこだわらないで行こうかと… 年取ってもまるくなりまへ〜ん!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「パフューム ある人殺しの物語」
「ラン・ローラ・ラン」の監督だったのね。ごめん、あんまり好きな監督じゃないっす。
映像は無駄に美しいです。18世紀フランスが舞台だし。
でも、ギャグですよね?
香水に興味ある人が観たら、その辺はわりと楽しめるかと思うんですが、
主人公の人格造形がヌル過ぎて、なんか納得出来ない物語っす。
究極の香水の設定も材料がアレって… イマイチ説得力に欠けると思うんすが。ギャグってことで大目に見てよってことなのか?
主人公役の俳優、ローリングストーンズのキース・リチャーズの若い頃に似てるのがおかしかった(笑
「ハリポタ」のスネイプ先生も出演してます。
なんか淫靡な背徳感のよーなものを期待してたんですが、肩すかしでした。
サスペンスかと思えばファンタジーだし。


「300(スリーハンドレット)」
タイトルがなんかパっとしないから、いっそ「筋肉VSエイリアン」にすれば良かったんじゃないの?(笑
ペルシャ軍がなんか、醜い異形って感じだったんで、そりゃペルシャの人は怒るわな(笑
レオニダス「スパルタ人よーーーッ!」
スパルタ兵(槍を振り上げつつ)「あうッ、あうーーーッ!!」←これが返事らしくて、その辺結構爆笑。
えと、原作ってアメコミなんだよね。なので歴史考証なんて無いもんだと思ってたけど、ここまで筋肉バカな映画だと思いませんでした。
「トロイ」も神話と内容違ってるし、あまりに現代風仕立てだったけど、まだブラピ萌えで観てられる感じ。
「300」は萌えどころが無くてツライ(笑 バカバカしくて笑いどころはあるんだけど。
昔、何かの雑誌でBD作家のメビウス御大のインタビュー読んだら、「アメコミなんて所詮、筋肉と暴力のステレオタイプでくだらない」と言ってたけど、なんかその気持ち改めて了解しました。
自分的には岩明均さんの「ヒストリエ」読んでる方がいいっすー。あ、比べちゃイカンね(笑 


「恋する幼虫」
天王寺のTSU●AYAに置いてました!
ホラーな匂いはあるんだけど、ここまでおバカだとギャグです。
蛭子能収か花くまゆうさくさん的グロさで、お茶目で切ないラブストーリー。
設定も主人公の西尾くん(演技がスバラシー)が漫画家だったりとぶっとんでます。
ヒロインがあんまり可愛くないのが残念。主従関係逆転とか、西尾くんの奇妙なトラウマとか、松尾スズキ怪演とか、ポイント的に観たら面白いです。
卯月妙子さんも出演してたんだけど、気付かなかった…


「ブラザーズオブザヘッド」
もし、ジョニー・ロットンとシド・ヴィシャスが結合双生児だったら?みたいな内容(笑
ドキュメントタッチだけど、結合双生児がパンクバンドやってたなーんて話聞いたことが無いんで、直ぐ嘘だと分ります。原作者のブライアン・W・オールディスもなんか若過ぎるから別人だろと思ったし、ケン・ラッセル(偽物)のインタビューまで入ってるあたり、
飲んでたコーヒー吹きそうになりました(笑
疑似ドキュメントじゃなくて、フツーにドラマとして観たかったなぁ。
一般向けではない映画だけど、70年代UKロックシーンの匂い、パンクロックの夜明けを感じたければ観ればいいと思うし(なんか今風仕立てだけど)、
パンク入門者はピストルズとかのドキュメントDVD、もしくはアレックス・コックス監督の「シド&ナンシー」でも観てればいい。
また、ゲイな映画では無いけど、ソレ系の映画や耽美が好きな女性は少しは楽しめるかと思う。昔のジュネなら絶対誌面で紹介しただろうと思うし。
男の自分が観てもエロいと思ったくらいなんで、腐った視点でも楽しめます(笑
ブライアン・W・オールディスの小説って10代の頃読んだっきりだけど、ちと原作がどんな感じなのか気になるなぁ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: sug-u(村田藤吉)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆